Top
カテゴリ:fashion( 34 )
SATC のSTYLIST PatriciaField
a0034112_1925389.jpg

成人してから初めていったNYは1991年。たぶん彼女のSOHOのショップ『HOTEL VENUS』はその頃から(1995?くらいから)あったと思います。一時クローズしていたり、結構苦労もしていたようですが、いまやSEX AND THE CITYのスタイリングですっかり日本でもお馴染み&有名になってきたパトリシアフィールドPARTY QUEENでもある彼女とそのショップはNYファッションを象徴していて大好き。。ショップの店員は全員ゲイのねーさんたちが仕切っていた。(結構強引な接客も楽しい)昔はドラッグクイーンの御用達のショップだったようで、(今は観光客が多いみたい)ド派手なかつらをはじめ、とばし気味のアイテムてんこもりで10年たってもほとんどノリは変わって無くて信念つらぬいてますぜ。SATCのスタイリングは4シ−ズン目まではREBECCA WEINBERG(彼女もすごーくいいんだけど!)が担当していたようですが、私的にはパトリシアフィールドのスタイリングになってますますあのドラマが盛り上がった!パトリシアのHPもカッコつけて無くて、(特にパーティ)写真が本物って感じで笑えます。
[PR]
by aorandNW | 2004-09-02 19:29 | fashion
★★★ aor shopにニューアイテム ★★★
また今日は暑かったけど。今日はショップの方にこの秋の新しい商品を紹介しました。 見てね★
[PR]
by aorandNW | 2004-09-01 00:51 | fashion
Stella McCartney
a0034112_22561830.gif
クロエとステラマッカートニーここ数年注目もされていて、日本でも人気があって私も大好きなデザイナーの2人。ジャーナリスト、メディアの評価はかつてはステラの右腕、現クロエのPhoebe Philo(フィービー・フィロー)を高く評価しているようですが、私はステラマッカトニーの感性の方が性に合うみたい。若くして粋もも甘いも知りつくしているようにも感じられる彼女のビッチなコレクションが毎回楽しみでかなり自分の服づくりにも影響されています。環境的には誰よりも恵まれているなあと思ってみていましたが、かなり面白い記事がinfoseekに掲載されていたのでペーストして紹介します。
***********************************

ステラ・マッカートニーは1971年9月13日、元ビートルズのメンバーだったポール(Paul)とリンダ・マッカートニー(Linda McCartney、旧姓Linda Eastman)の次女としてロンドンに生まれる(リンダにはステラの前に前夫との間に生まれた女の子が一人いて、後にポールが養女としました。このため、資料によっては三女と記載されているものもあります)。
両親は彼女に厳しいしつけを与え、ステラは、あえて東サセックスの地元の州立学校で教育を受ける。彼女は欲しい服を買うために地元のレストランで皿洗いのアルバイトをしたという。 

12歳で、初めてジャケットをデザイン。15歳で、クリスチャン・ラクロワの最初のクチュールコレクションの仕事をし、その後、サビル・ローで修行を積む。

1995年、ロンドンのセント・マーティン(St Martins College of Art & Design)卒業コレクションで、モデルに友人であるナオミ・キャンベルやケイト・モスを起用。彼女の両親の名声もあり、一躍脚光を浴びる。彼女のコレクションはロンドンの有名セレクトショップ、トキオ(Tokio)によって買い占められ、自らのブランドを開始。彼女のデザインは、パッツィ・ケンジット、ケイト・モスらがすぐに着用するようになる。 

1997年3月、カール・ラガーフェルドの後継者として、フランスのクチュールブランド、クロエのチーフ・デザイナーに指名される。当初、この指名はクロエを所有するヴァンドームグループ(現・リシュモン)の宣伝戦略と見られていた。事実、カール・ラガーフェルドは、独特の言い回しで、彼女を「Tシャツデザイナー」と呼んだ。しかし、1997年10月にパリで披露された彼女の最初のコレクションは、センセーショナルかつロマンティックで、魅力的にに仕上げられたレイシー・ペチコート・スカート、確かな技術に裏付けられたテーラーリング、70年代風な微妙なカシミアのトラウザースーツを見事に90年代風に仕立て上げた、すばらしいコレクションで、彼女の才能についての疑いを払拭した。次のシーズンには、彼女の功績はクロエに再び脚光を浴びせただけでなく、利益も上昇。ステラはクロエの売上げ高を500パーセント増加させた。

1998年4月、彼女の母親リンダが乳がんで亡くなったこともあり、リンダの影響を受けたステラは、動物愛護活動に熱心に取り組むようになる。PeTA (People for the Ethical Treatment of Animals)と協力して、毛皮流行週間の1か月後、動物愛護のビデオをリリース。2000年、ステラは彼女を「Stelly」と呼ぶマドンナのウェディングドレスをデザイン。

2000年4月、クロエとの契約を更新。このとき、グッチがYSLを買収したことに伴い、トム・フォードがYSLのデザイナーに移籍し、後任にステラを抜擢するとの噂が流れたが、革製品が重要なアイテムとなるグッチでの仕事を彼女は断り、あえてグッチよりも低いオファーのクロエを選んだという。2000年、VH1アワードおよび、ヴォーグ・ファッション・アンド・ミュージック・デザイナー・オブ・ザ・イアー受賞。
2001年3月、グッチはグローバルなラグジュアリーブランドとして、ステラの名を冠したブランドを開始すると発表。ステラはグッチとのパ−トナーシップの下、彼女のラベル「Stella McCartney」をスタートさせる。クロエの後任はステラの右腕として働いていたフィービー・フィロー(Phoebe Philo)が就任した。
この背景には、ステラと兄妹のように親しいトム・フォードがやはり、彼女の才能を捨て切れなかったことと、クロエから見ても毛皮は重要なアイテムであり、このことでクロエ上層部とステラがもめたと噂されている。

ステラ・マッカートニーのデビュー・コレクションは2001年10月の2002春夏パリコレクションで披露された。2001年8月、ステラが「Wallpaper」マガジンの発行者でグッチ好きで知られるアラスデア・ウィリス(Alasdhair Willis)とデートし始めたことが報道される。

2002年8月30日、かねてから噂のあったウィリスとスコットランドのビュート島で結婚。結婚式には、母親リンダが着用したウェディングドレスを基に、彼女とトム・フォードが共同でデザインしたドレスを着用。式にはマドンナ夫妻、リブ・タイラー、プリテンダーズのボーカルのクリッシー・ハインド、コールドプレイのクリス・マーティン、ケイト・モス、グウィネス・パルトロー、ピアース・ブロスナンらが出席した。2003年9月、バラの香りをベースにした初の香水「ステラ」を発売。同年同月、ロサンゼルス・ハリウッドにショップをオープン。

彼女は厳密な菜食主義者で、毛皮を用いた仕事をすることを拒否。フレグランスでさえ、すべて自然な成分が使われているという。 トム・フォードは、ステラを「彼女は、成功するための条件、強い意志とインテリジェンスを持っている。また、彼女はグレート・スタイル、テーストを持っている」と語る。
イギリス、サヴィル・ロー仕立てのしっかりとした技術と独特のストリート感覚あふれるガーリーなフェミニンスタイルが彼女の持ち味。一方で、半永久的に彼女は父親の名声の呪縛から解き離れないという宿命も持ちます。今でも彼女の成功は「父親のおかげ」、「ステラを取り込んだのはグッチ・グループの失敗だった」との声があります。もし、彼女がポールの娘でなかったら、若くしてここまでの名声は持ちえなかったでしょう。しかし、デビューからクロエ、現在の自らの名前を冠したブランドを客観的に見れば、彼女がポールの娘でなかったとしても、歴史に残るデザイナーだと思います。彼女はこれから長い時間をかけて、それを証明していかなければなりません。
[PR]
by aorandNW | 2004-08-29 23:01 | fashion
着てみたいブランド
a0034112_22141387.jpg



最初に見たのは中目黒のLOBBYというNY中心のセレクトショップだったかな?先シーズンからレディースラインもはじまって、ビームスなどに入って来ていて本物がちょくちょく見れたりするようになった注目のブランドrachelcomeyベック、デビットボウイなどを顧客にもって,バントなどの舞台衣装のデザインなどてがけていたのがはじまり。。。そして、今期はNATIVE AMERICANがkeyword。土っぽい感じアイテムをURBANISEさせていてとっても素敵♪とりあえず、入門編として欲しいのはブーツかサボあたりかしら。ウププ。 diary by aor shiho
[PR]
by aorandNW | 2004-08-28 22:38 | fashion



music,fashion,and about my daily style by aor shiho
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30